黒染めもサロンでするべき理由

ブログ

 

 

こんにちは

すっかりブログをサボってました

20160318050259.jpg

ダメですね

やはり何事も始めるよりも続けることの方が難しい、、、

いいわけですね

ちょっと時期外れな気もしますが

黒染めについて

就職や進学や、なにかと黒染めしなきゃいけないタイミングって来ると思うんですが

ただ黒くするだけだからと安易に市販の黒染め等でやらない方がいいです

これから向こう数年は黒髪でいますって場合はいいと思いますが

しばらくしたらまた少し明るくしてヘアカラーを楽しみたい

なんて場合は要注意です、、、なぜか?

市販の黒染めは色素マックス

市販の黒染めはどんな方でもしっかり染まるように色素マックスな場合が多いです

黒染めの色素というのはただでさえなかなか頑固で簡単には抜けていきません

色素マックスで入れてしまうとちょっとやそっとでは明るくならず

また髪の中に長い期間残ってしまうので明るさや色味を綺麗に出せるようになるまで時間がかかることが多いです

時間がたって少し明るくなってきたからといっても根深く黒染めの色素が残っていて邪魔をしちゃいます

 

サロンの場合黒染めするとなると今後のプランをちゃんと話しあった上ですると思います

いつ頃にはまた明るくしたい等のプランに合わせて黒染めの濃さをコントロールしてできるだけ邪魔にならない必要な分だけ色素を入れます

今後の相談をせず黒染めするなんてのはもってのほかです

セルフカラーだとどこから色素が入っているか正確に分からない

これもセルフ黒染め後のカラーの成功率を下げてしまう要素の一つです

伸びてきた部分と黒染めされている部分では髪のコンディション、色素の状態が全く違うので使うカラー剤の色味、パワー等もコントロールし正確に塗り分けなければいけません

その際どこから黒染めの色素が入っているのか?がとても重要になるのですが、

黒染めした時期から逆算してどこから色素が入っているか予想は出来ますがあくまで予想です

確実に塗り分けるのは至難の技です

そして染めた時期も結構あいまいだったりしちゃいますよね

 

サロンではカルテに日付、使ったカラー剤、その他もろもろ情報が残ってますし

なにより自分で染めさせてもらっているのでどこから前回のカラーが入っているかかなり正確に判断できます

お断りするケースも

髪の状態やその他もろもろお話を聞かせていただいた上で申し訳ないですが

お断りさせて頂く場合もあります

理由としてはお互い求める結果にならないと判断したからです

希望の色には今の状態では出来ません、ということです

または出来たとしてもダメージがすごくなるなどの高リスクを伴う場合

その理由を説明させて頂いた上でお断りさせて頂く場合もあります

 

正直これに関してはカラーに限らずヘアスタイル全般に言えることです

無理だと判断した場合はお断りさせて頂いています

もちろん単純に僕の実力不足、知識不足なのかもしれません、、、

 

僕ら美容師はお客様の期待願望にできる限り応えたいです

綺麗になりたい、美しくなりたい、理想のヘアスタイルになりたい、

美容室に行けば叶うはず、、、

僕ら美容師はそれに応えるために全力を尽くします

日々技術や知識を高めるために努力しています

可能な限りお客様の理想を叶えたいから、、、

 

でもその理想を叶えられないと判断した場合

その時はプロとして現実をお伝えする必要がある、と思っています

期待、願望、理想と現実とのギャップを冷静に判断しジャッジを下す

時には厳しい事を言ったり酷な判断をする事もあると思います

それがプロとしての責任だと思っています

 

僕たち美容師に出来る事は理想を叶えるためのお手伝いなんです

あくまで主役はお客様です

僕たち美容師の力だけでは理想は叶えられないです

理想に近づくため全力でサポートさせて頂きますし普段のお手入れに必要な知識もたくさんお伝えさせて頂きます

困った時は遠慮なく相談して欲しいです

そしてもっと自分の髪を大切にしてください

そして理想を叶えていきましょうね

 

 

ブログ

Posted by ryonagayama