時代は流れるもの

ブログ

 

 

こんにちは

なんだか札幌にミニ四駆バーなるものが誕生したようです

どうやら結構大きなコースがあるようです

ミニ四駆、、、

アラサー男子は小さいころ必ずと言っていいほど通った道のはず

なけなしのおこずかいで少しづつパーツを揃え

自分なりの最高のマシンへと育てていく

少しづつ、少しづつ、、、

そんな庶民をよそにいいとこの子は

余りある財力で瞬く間にフルスペックマシンへと仕上げてくる

このころに僕はお金の恐ろしさを思い知った

しかしそういう子の家にはだいたいでっかいコースもあったりする

コースがないと走らせられないので頑張って友達になるのだ

全てはコースで自分のマシンを走らせるために

そんな幼少期を思い出したと同時に懐かしくなり

ミニ四駆を見に行ってみたら、、、

時代の流れというのは恐ろしいものですね

TAMIYA、、、懐かしい、、、

なんか速そうなやつを見つけた、、、

ミニ四駆PRO、、、だと?

ダ、ダブルシャフトモーター、、、だと?

ミドシップモーター、、、3分割シャーシ、、、

わけのわからない文字の羅列、、、

知らぬ間にミニ四駆の世界も進化していた

やっぱどうせならPROだろってことで

勢い余って買ってみた

まずはモーター選び

やはりミニ四駆の心臓であるモーター

ここのチョイスはかなり大切

ここはやっぱトルクチューンだろ

ミニ四駆PROにはモーターもPROじゃないとダメなようだ

他にもせっかくだからと色々パーツを購入

 

昔お小遣いで少しづつパーツを買っていたのを思い出した

今となっては一個数百円のパーツたち、、、

はっきり言って買い放題である

あの頃の、少しづつ自分のマシンを育てていく感覚

そしてそれを楽しめる自分はもう居なかった

僕はお金の恐ろしさを再確認した

そんなことを考えながら説明書を見ながら作っていると

ちょっと昔より複雑になってる印象だったけど出来てきた

ここで一つ思い出した

電池買ってないから走らない、、、

とりあえずボディもつけた

なんとなく速そうな気はした

シールは面倒だから貼っていない

多分ずっと貼らないと思います

 

懐かしい思い出が蘇った、、、気がした

そんなお休みでした

さて、ミニ四駆バーデビューはいつになることやら

一人では行きたくないし、、、

 

ブログ

Posted by ryonagayama