縮毛矯正毛へのパーマは基本お断りしております

美容師時代のブログ

 

 

こんにちは

朝早く寒い時間から猫を追いかけまわしてます、永山です

その影響なのか困ったことに風邪をひいたかもしれないです

体調管理、気をつけます

先日のお客様スタイルです

20161102090328.jpg

シャンプー後なのですでに濡れてます

15cmくらいカットしてからのパーマでイメチェン

 

ですがパーマをかけるに至るまではなかなかの時間がかかりました

施術時間の話ではないです

月日の話です

というのもかなり以前からパーマをかけたい

という希望を伺ってはいましたが

お断りし続けていました

理由としましては

 

・縮毛矯正をかなり前にかけている(正確な時期はわからない)

縮毛矯正は僕たち美容師が行う施術のなかでもかなりデリケートで

髪のコンディションの見極めから薬剤選定、放置時間、

アイロンの温度設定やアイロンスルー時のテンション、

流し時やブロー時のテンションなど様々な要因があり

誰がどのようにかけたか分からない縮毛矯正のうえにパーマをかけるというのは

美容師にもお客様にもかなりリスクがあります(パーマがかからない、チリチリになってしまう等)

ですので僕は基本的に他店での縮毛矯正履歴のあるお客様へのパーマは申し訳ありませんがお断りしております

縮毛矯正をかけたお店、美容師さんにパーマをしてもらう方が確実に安全です(施術時の情報等があるので)

どうしてもという場合はデジパー(デジタルパーマ)という手段もありますが

デジパーを僕はやりませんので(デジパーをやらない理由はまた機会があれば)

他店をおすすめさせていただく形になります

 

今回のお客様のケースはデジパーの履歴もありますがカットにてかなり長さを切ったので

デジパー部分もクリア、縮毛矯正の影響も大丈夫な長さと判断してのパーマとなりました

 

やはりパーマにしてもカラーにしても縮毛矯正にしても

必ずメリットデメリットがあってそこの説明やこれからのヘアスタイルに影響してくることなどの説明

ハイトーンにしたらダメージの問題や色が抜けやすくなる、、、とか

黒染め、それに近いくらい暗くすると明るくしたくても簡単には明るくならない、、、とか

縮毛矯正するとパーマはかかりにくくなる、、、とか

状況によって様々ですがこの辺の説明をしっかりした上で

先を見越しながらヘアスタイルを作っていくことが大切だと思っています

 

美容師時代のブログ

Posted by ryonagayama