暗く染めるときは先も見据えながら

美容師時代のブログ

 

 

 

こんにちは

もうすぐ3月、、、春は北海道はまだ先のお話

3月、4月が近づいてくると

諸事情によりどうしても暗い髪色にカラーリングしないといけない

そんなケースが結構あると思うのですが

サロンでのオーダー時にちょっと注意するといいポイントがあります

特に明るいベースの髪からしっかり暗くするなんてと時は特に

それは、、、

いつ頃まで暗い髪でいたい、いる必要があるか

をしっかり伝える事です

一時的でいいのか

それともしばらくはおとなしく暗めでいくのか

時期的なものが大事です

もちろん美容師さんがカウンセリング時に聞いてくれるとは思いますが

聞かれなかった場合ははっきりと伝えるべきです

 

というのも髪が元々ある程度明るい状態から暗くするには

色素がたっぷり入ったカラー剤を使わないとなかなか暗くならないからです

そして色素たっぷりカラー剤で染めるとなかなか簡単には明るくしづらい髪の状態になります

ずっと暗めで行く場合は問題ないですがちょっとしたら明るくしたい場合は要注意です

もちろん髪質や生活環境によってカラーの退色に差は出ますが一気に暗くするとなかなかすぐには明るくしづらいというのは覚えておくといいと思います

 

先日のお客様カラー

この方はもう少ししたら1年くらい世界を回る旅に出るとの事で

行動力が凄いなと思いました

カラーとかはあまりちゃんと出来なくなるからしっかり暗めの寒色で赤みは消してます

ちょっと最近世の中荒れ気味なので

どうかニュースなどにならないように無事に日本に帰ってきてほしいです

 

最近お客様でワーホリなどでちょっと海外へという方が多いです

正直羨ましいです

やっぱり若いうちにしか出来ないことってありますからね

行けるうちに行っておいた方が絶対いいと思います

僕も若くて独身だったら、、、そしてりんちゃんが居なかったら

しばらく海外へ行きたいです

でもやっぱりご飯は日本が美味しいので日本がいいです

我が家の猫、りんは今日も相変わらずの様子です

 

●髪の悩みなどを相談して予約を取りたい方は【LINE@】から

 

 

 

【友達追加】していただき、個別にメニューやお時間、料金などのご相談も承っております

美容師時代のブログ

Posted by ryonagayama