トリートメントの持ちって?

ヘアケア

こんばんは!札幌の美容師、永山諒です!

長かったシルバーウィークも今日で終わりですね

遠くへ出かけた方も多かったんではないでしょうか

僕はいたっていつもの日常を送っていました

今日はちょっと思った事を

僕はサロンワークの時カラーやパーマ等をして頂くお客様には

必ずトリートメントをオススメさせて頂いています

やはりカラー剤やパーマ液等は髪にダメージを与えてしまいます

もちろん薬剤も日々進化しているのでだいぶ髪にやさしい物が増えてきました

しかし負担がゼロでは無いのでそこで失われる髪の栄養を

しっかりその日のうちに補う事でなるべくダメージさせないようにトリートメントを提案させて頂いてます

もちろん髪の状態やお客様のご要望に応じてよりしっかり栄養を補給し

髪のコンディションを良くしていけるトリートメントメニューもあります

そしてトリートメント提案させて頂いた時によく質問される事があります

『トリートメントってどのくらい持ちますか?』

確かに気になりますよね、お値段もそこそこしますし

そこらへんの話について僕の個人的見解を

まずこの”持ち”ってなにを基準に判断しているのか?

カラーなら染めた時のキレイな色の”持ち”

パーマならキレイなウェーブの”持ち”

ではトリートメントは?

わかりやすいのはサラサラとかツルツルって感じの手触りだと思うんですが

手触りが良ければはたして髪は健康なのか?となると決してそうではないと思います

極端な話いわゆるシリコンをたっぷり髪の表面にくっつけてしまえば

手触りも良くなりますしその手触りも長く続きます

でもたぶんそれってダメージをごまかしてるだけだと思います

トリートメントの本質は手触りではなく髪の中身をいかに健康な状態に近づけるか?

だと僕は思っているので僕がサロンでさせて頂いているトリートメントは手触りは重視していません

その代わりと言ってはなんですが髪の中身の栄養はしっかり補ってます

じゃあどうすれば持つのか?

そのためにホームケアの必要が出てきます

シャンプー自体に髪に必要な栄養が入ってる物だったり

blog_import_54fa8c67bff24

流さないタイプのトリートメントも

オイルタイプやエマルジョンタイプの物を

髪質や求める質感に合わせて使うと

家でも毎日ケアができるので髪のコンディションがどんどんよくなっていきます

髪のコンディションがいいと毎日のスタイリングも楽しくなると思います

髪の本質をキレイに、そしてそれをキープするために

参考にしてみてください!

 

 

LINEからもご予約お受けしてます!

24時間ネット予約は→こちらです!

ヘアケア

Posted by ryonagayama