シャンプーとかの成分表示って見てますか?

ヘアケア

こんばんは

突然ですがシャンプーとかトリートメントとか

洗い流さないトリートメントとか

買う時にその成分表示って見たりしますか?

多分おそらく9割の人は見ていないと思います

たまにドラッグストア行くと何種類ものシャンプーを香りを確認して選んでいる方を見かけます

僕は心の中で 

『違う違うそうじゃ、そうじゃない』

と思いながら、かといってどこの馬の骨とも知らん奴がいきなり声かけて

髪質診断して悩み聞き出して『それならこっちの方がいいですよ』

なんて声かけようものなら怪しすぎるし下手すりゃ営業妨害で怒られてしまうかもしれませんからね

てかそもそもドラッグストアでおすすめしたいシャンプーとか別に、、、

これ以上は言わないでおいた方が自分の身のためっぽいので言わないでおきます

 

ここからが本題で成分表示は見るようにしといたほうがいいです

シャンプーやトリートメントの成分表示には法的な決まりである成分表示義務があり

一般的なシャンプー(化粧品)と医薬部外品(薬用シャンプー)でルールが違います

・医薬部外品は140の表示指定成分のみ表示義務があります

医薬部外品は僕たちの業界ではリアップとかごく一部の物にしか当てはまらないので軽い説明で先に進みますが

大半のシャンプーやトリートメントが分類される化粧品

この成分表示義務は結構大事なのでしっかりいきます

化粧品の成分表示義務

全成分をビンや箱等読みやすい場所に表示する義務がある

入っている物全部消費者に分かりやすいところに表示しろな、って事です

成分名称は1つの成分に複数の名称が認められている為、同じ成分でもメーカーによって表示が違う事があります

配合成分は含有量の多い順に表示

これがかなり大事です

最初に書いているものが一番多くて最後の方はぶっちゃけ大した配合されていません

ちなみに配合量が1%以下の成分は順不同でOK

では試しに個人的に押しているこちらのシャンプーで見てみましょう

ディープレイヤーシャンプーG

ひっくり返して裏の成分表示ゾーンへ

コカミドプロピル下手イン、コカミドメチルMEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

最初は水。シャンプーはほとんど最初は水。

次に来るのが洗浄成分でこちらの場合は

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピル下手イン、コカミドメチルMEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル の4種類が洗浄成分です

4種類の洗浄成分を組み合わせてる感じですね

グリセリンや加水分解シルク、加水分解ケラチンetcは髪のコンディショニング成分です

で後の方に香料や防腐剤などなどです

香料とかあたりまで来ると含有量はめちゃ少ないです

気になる方は成分をググってみればそれなりの情報は出てきます

こちらはN.のポリッシュオイル

自然由来成分が多く配合されていて人気の商品です

裏を見ますと

トコフェロールの前まで全部自然由来の成分でできています

さすがナチュラル志向のN.

ポリッシュオイルはほとんどが自然由来のオイルでできていることが分かります

ちなみにトコフェロールは酸化防止剤です

シャンプーはちょっと成分がよく分からないけど

こういうオイル系の商品は裏を見ると専門知識がなくても

なんとなくどんな感じで中身ができているかわかると思います

 

自分でシャンプーやヘアケア用品を選んで使っているんだけどなかなか髪の悩みが解決しない、、、

なんて時は毎日使っている物が自分の髪質や困っている悩みに合っていない事が多いので

成分表示の写メ撮って美容師さんに相談するのもアリだと思います

参考にしてみてください

●髪の悩みなどを相談して予約を取りたい方は【LINE@】から

 

 

 

【友達追加】していただき、個別にメニューやお時間、料金などのご相談も承っております

ヘアケア

Posted by ryonagayama